流水成道blog: 2009年1月アーカイブ

2009年1月アーカイブ

<< 1 2

グアンタナモ閉鎖

| トラックバック(0)



オバマ政権が、グアンタナモなどのテロ容疑者収容施設の閉鎖を決定しましたね。



グアンタナモ閉鎖宣言へ 大統領就任直後にオバマ氏 - 47NEWS(よんななニュース)


【ワシントン12日共同】米主要メディアは12日、オバマ次期米大統領が20日の就任直後に、キューバにあるグアンタナモ米海軍基地のテロ容疑者収容施設を閉鎖する大統領令を出す見通しだと伝えた。オバマ氏の顧問によると、就任当日にも大統領令を発表する公算が大きい。


f:id:ryuusuijyoudou:20090125142213j:image


 公正な司法手続きを欠く長期拘留や拷問などの人権侵害で、内外の批判の的となってきた施設の閉鎖をいち早く宣言することで、ブッシュ政権からの「変革」を印象付ける狙いがある。


 ただ、現在250人いる収容者の身柄をどう扱うかなどの問題があるため、実際の閉鎖までには一定の時間がかかりそうだ。オバマ氏はまた、テロ容疑者に対する特定の尋問方法を禁止する大統領令も検討している。


 ブッシュ政権は2001年の中枢同時テロ後、国際テロ組織アルカイダのメンバーらを「敵の戦闘員」としてグアンタナモの施設に移送、中央情報局(CIA)などが尋問を行ってきた。しかし「水責め」などの尋問方法や、裁判権を保障しない拘束が問題化。連邦最高裁も違憲判決を下すなど批判が高まり、「テロとの戦い」が残した負の遺産となっている。



テロリストだと疑われたら、裁判もなしに問答無用で監獄にぶちこまれて、弁護士もつけられずに拷問されて自白を強要される、という法治国家としてあるまじき行為をしていたわけです。


ブッシュ政権の負の遺産のひとつを清算するわけで、がんばってほしいです。



悪事をしても、自覚して反省をする悪党と、自覚も反省もない悪党では違うわけで、イスラエルのシオニストの人も人種差別政策の反省をすればいいんですけどね。そうすれば、イスラエルにも生き残る可能性があるかもしれないですが、無理でしょうかね。



グァンタナモ米軍基地 - Wikipedia


周囲が地雷原で脱走が不可能な上、マスメディアにも実態が見えない海外基地、更にはキューバ国内でもアメリカ国内でもなく軍法のみが適用される治外法権区域ということで、20世紀後半からキューバやハイチの難民を不法入国者として収容した。2001年のアフガニスタン戦争以来、アルカーイダやタリバンなどイスラム過激派のテロリスト容疑者が収容された。


2003年のイラク戦争以来、収容者は増加しており、パキスタン系イギリス人やイラク系カナダ人(両者釈放済み)、イギリス人、オーストラリア人もテロ容疑者または関係者として収容されているが、これらの容疑者はテロリストと見なされれば裁判にかけられる事もなく逮捕・長期拘留されるようであり、“犯罪者”と“捕虜”の処遇を使い分けるアメリカ連邦政府の都合で無期限に拘留されるので問題となっていた(捕虜であればジュネーヴ条約を適用する義務があるが犯罪者にその必要はなく、また当地はアメリカではないので合衆国憲法の権利章典に定める被疑者の権利も保障されない)。


米軍としては容疑者の処罰より、テロ組織壊滅のための情報収集(自白・密告誘導など)を目的として拘留を行っている。2004年11月、米軍は同基地収容者に対して心理的、時に物理的な強制を加えており、拷問に等しいとする赤十字国際委員会の報告書がリーク、2006年5月にはアムネスティ・インターナショナルからも「世界の人権状況に関する年次報告書」によって、“対テロ戦争を口実にした収容所での人権侵害”の告発がなされた。キューバ政府は同基地の返還を求めており、世界的にも閉鎖を求める声が高まりつつある。


2007年1月、収監され拷問を受けた末に無関係と判明し釈放された、パキスタン系イギリス人青年3人の体験を素材にした映画『グアンタナモ、僕達が見た真実』が公開された。


多方面からの批判を受けたブッシュ政権は2007年に施設閉鎖を検討したことがあるが、移送先の問題などが障害となり断念した。


2008年11月にアメリカ大統領に当選したバラク・オバマは、同施設の閉鎖を支持しており米連邦裁判所は一部の収容者の釈放を命令している。現在の収容者は250人程度であり、国防総省はこのうち約60人は、釈放または他国への移送が可能と判断している。ただ、アルカイダ幹部らをどこに移送するかの問題点は残っている。




D



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


youtube playlist追加

| トラックバック(0)



サイドバーにあるyoutube playlistを追加しました。


コードギアスのWorld End、マクロスフロンティアのライオン、マクロス7のTry Againなんですが。



D



D



D


現実には思い通りにならないこともありますが、それでも現実に立ち向かっていこう。


今戦わなければ、いつ戦うのか。今の戦いの積み重ねが、未来を創る。


そういうことです。



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


イスラエル不買運動

| トラックバック(0)



ネットゲリラさんの記事で、イスラエル支援企業への不買運動がありました。ガザ虐殺への抗議ですね。


インテルとかは不買が難しくて困るのですが、清涼飲料水とかハンバーガーとかは他の会社があるので不買できます。


日本でも、毎日新聞に広告を出してる企業への不買運動があります。街頭でデモするより民主的かもしれないですね。誰でもできますし。



イスラエル支援企業リスト:スターバックスなど:パレスチナ情報センター

















企業名関連企業・商品
スターバックス・コーヒーSAZABY (サザビー)Afternoon Tea (アフタヌーン・ティー)アニエス b.
マクドナルド
コカ・コーラコーラ、ファンタ、スプライト、爽健美茶、ジョージア(コーヒー各種)、リアル・ゴールド、アクエリアス、紅茶花伝、Qoo、ミニッツ・メイド(フルーツ・ジュース各種)
エスティ・ローダーClinique(クリニーク:コスメ関連)、DKNY(ダナ・キャラン・ニューヨーク:ファッション関連)、Origins(オリジンズ:コスメ&リラクゼーション関連)、Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー:ファッション関連)
ネスレNescafe(ネスカフェ:インスタント・コーヒー)、KitKat(キットカット:チョコレート)、Maggi(マギー:調味料)、Buitoni(ブイトーニ:パスタ&ピザ)、Perrier(ペリエ:ミラネル・ウォーター)、Vittel(ヴィッテル:ミラネル・ウォーター)
インテルPentium(ペンティアム)、Celeron(セレロン)
マイクロソフトWindows、マイクロソフト・オフィス
アイ・ビー・エムホームページ・ビルダー、インターネット翻訳の王様、デジカメの達人
ディズニーアニメ、キャラクター商品
ダノンヨーグルト、エヴィアン(ミネラル・ウォーター)
ロレアルPOLO / Ralph Lauren(ポロ/ラルフ・ローレン)、Giorgio Armani (ジョルジオ・アルマーニ)
サラ・リーHanes(ヘインズ)、Champion(チャンピオン)
ジョンソン&ジョンソンワンデー アキュビュー(コンタクト・レンズ)、ジョンソン綿棒、リーチ(歯ブラシ)、バンドエイド
ノキア携帯電話
イスラエルの特産品ダイヤモンド


松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


オバマ大統領 就任式

| トラックバック(0)



生中継で見ました。和やかにブッシュとも抱き合ったりして、なんというか、お祭りですね。



この雰囲気じゃ、アメロの話なんてできないですね。そのへんは、ダボス会議で決めるらしいので、実施するとしても、その後ですね。



アメリカ国内の協調と、国際協調と、2つの協調を強調していました。孤立は止めて平和を目指すそうです。イラクのことはイラクの人に任せるとか。厳罰主義でなく、寛容と融和でいくみたいです。



また、「大きい政府、小さい政府なんてものは関係なくて、機能する政府が大事である。汚職があるのが良くない。利己心よりも奉仕の心を大切にしよう。自分の責任を果たすようにしよう。責任を果たすのは喜びである。きっと困難を乗り越えられる。」ということも言ってました。これはやる気出ますね。


「技術論うんぬんの前に、まず人間性を取り戻そう。」ということだと思います。うーむ、それはそうかもしれない。



「風力・地熱発電などの自然エネルギーを活用する」と言って、原子力には触れませんでした。そういう危険なものには触れないのは、賢いです。



資本主義が終わるかもしれないというこの時代に、言葉通りにアメリカを再建して、ソフトランディングすることができるか、力量が問われます。




【オバマ大統領就任式】オバマ氏の就任演説要旨 (1/2ページ) - MSN産経ニュース 2009.1.21 02:54


f:id:ryuusuijyoudou:20090121033912j:image


就任式で宣誓するバラク・オバマ米大統領=20日、ワシントン(ロイター)



20日(日本時間21日)、行われたオバマ米大統領の就任演説の要旨は以下の通り。(ワシントン支局)


 「われわれは危機のさなかにある。米国は、暴力と憎悪の根深いネットワークに対する戦争を遂行中だ。また、一部の者の欲望と無責任さの結果であると同時に、われわれ全体が厳しい決断を下し、国家を新たな時代に備えることに失敗したことにより、経済は激しく弱化している。さらには、米国も衰退は不可避であり、次の世代は視点を下げねばならないという、自信喪失もみられる。


 私は本日、こういった挑戦は現実であり、簡単に短期間で解決できるものではないと言いたい。しかし、アメリカよ、これを知って欲しい。これら(の問題)は応えられるのだ」


 「問題は、政府が大き過ぎるか小さ過ぎるかではなく、政府が機能するか否かだ。市場(経済)が善か悪かも問題ではない。米国経済の成功は、GDPの量ではなく、富の広がりに依存してきた。防衛に関しても、安全保障と理想のどちらかを選択するというのは虚偽だ。最も繁栄している首都から、私の父が生まれた小村まで、アメリカはどの国に対しても、どの男性、女性、子供に対しても友人であり、われわれがもう一度(世界を)リードする用意があることを知ってほしい」


 「米国のパッチワークの伝統は強さであり、弱みではない。われわれはキリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンズー教、そして無神論者の国だ。そして、南北戦争や人種分離のつらい経験を経てきたからこそ、憎悪をいつの日か乗り越えられると信じている。


 イスラム世界とは、相互の利益と相互の敬意に基づいた新たな道を見つける。貧しい国々の人たちには、農場が富み、浄水が流れるよう一緒に働くよう約束する。また、われわれと同じく富んでいる国には、国境外で苦しんでいる人々に無関心でいることはもうできないと言いたい」


 「政府ができ、せねばならないことはあるが、究極ではこの国が頼るのは、米国の人々の誠実さと決意しかない。われわれが立ち向かう挑戦は新しいものかもしれないが、成功がかかっている価値観-勤勉、正直さ、勇気、フェアプレイ、忍耐、好奇心、忠誠と愛国心-は変わらない」


 「われわれが現在、必要としているのは『責任』の新たな時代である」




松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ




ネタフルさんの記事を紹介します。



[N] Mac OS X「ことえり」で半角カナを入力する方法


「システム環境設定」から「言語環境」を選び「入力メニュー」から「ことえり」で「半角カタカナ」にチェックを入れます。


これで「ことえり」で半角カタカナの入力ができるようになります。メニューから選択すれば良いです。


もしくはメニューバーにある「ことえり」のアイコンから「言語環境を開く」でもOKです。



f:id:ryuusuijyoudou:20090117142219p:image


「半角カタカナ」だけでなく、「全角英字」にもチェックを付けます。


f:id:ryuusuijyoudou:20090117142557p:image


このようになりました。


サイトによっては全角だけの場合もあるので、変えておいて損は無いです。



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


歌会始

| トラックバック(0)



1月15日は、宮中歌会始の日です。


なんて偉そうに書いてますが、今日知ったところです。ニュースを気にするようになったため、知ったということです。



平成21年歌会始お題「生」


御製(天皇陛下のお歌)


 生きものの織りなして生くる様(さま)見つつ皇居に住みて十五年経(へ)ぬ


皇后陛下御歌


 生命(いのち)あるもののかなしさ早春の光のなかに揺り蚊(ユスリカ)の舞ふ


皇太子殿下お歌


 水もなきアラビアの砂漠に生え出でし草花の生命(いのち)たくましきかな


皇太子妃殿下お歌


 制服のあかきネクタイ胸にとめ一年生に吾子はなりたり



今年のお題は「命」、来年のお題は、「光」だそうです。



私としては、典子女王殿下のお歌が一番好きですね。



典子女王殿下お歌


 地に生ふるたんぽぽ見遣る幼子の笑顔を見ては我も微笑む



人間社会は色々大変なこともありますが、たんぽぽは、そんなことに関係なく花を咲かせます。自然は偉大です。



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


Web2.0メモ

| トラックバック(0)




Web 2.0とは 「ウェブ2.0, Web2.0」 ウェブ ニーテンレイ, ウェブ ニーテンゼロ: - IT用語辞典バイナリ


f:id:ryuusuijyoudou:20090112010312p:image


ティム・オライリーが2005年9月に発表した、Web 2.0の嚆矢とも言える『What Is Web 2.0』(Web 2.0とは何か)では、Web 2.0を特徴づける要素として次の事項が挙げられている。


1. ユーザーの手による情報の自由な整理(Folksonomy)


2. リッチなユーザー体験(Rich User Experiences)


3. 貢献者としてのユーザー(User as contributor)


4. ロングテール(The Long Tail)


5. ユーザー参加(Participation)


6. 根本的な信頼(Radical Trust)


7. 分散性(Radical Decentralization)




松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


有害な生産、必要な生産

| トラックバック(0)



大量生産の現代社会において、生産力が過剰(デフレ)になると、戦争で他国の生産力を削減しようとする国が現れます。



戦争はなぜ起きるのか


これに対して、資本主義社会では、その高い生産性のおかげで、インフレという物不足の局面においても、餓死者が出ることはまれであるから、戦争する必要は少ない。むしろ戦争をしなければならない時期は、資源増加局面において、資本と労働者数に過剰感が出てくるデフレの時期である。


戦争においては多数の人間が殺される。しかし人を殺す理由が、ディスインフレ型戦争とリフレ型戦争では異なる。インフレ局面においては、需要が供給に対して過大であるから、消費者としての人間を大量に殺して、過大な需要を削減することが求められる。また資源の獲得が目的であるから、敵が所有していた資源を戦利品として持ち帰るという現象がしばしば見られる。


これに対して、デフレ局面においては、供給が需要に対して過大であるから、働き盛りの男性である兵士に殺し合いをしてもらって、労働市場における供給過剰を削減することが求められる。しかし男性労働者は消費者でもあるから、デフレ解消という点では逆効果の面もある。だから、リフレ型戦争では、大量破壊兵器を用いて、人間以上に施設を攻撃し、過剰になった生産設備を削減することに力が注がれる。


湾岸戦争やアフガン空爆を見ても明らかなように、現代のリフレ型戦争では、生産拠点の破壊が主で兵士の殺戮は従である。特に、純粋な消費者である女性や子供を殺したりすると、たとえそれが誤爆によるものであっても、国際社会の強い非難を浴びるが、それはデフレからの脱却というリフレ型戦争の本来の趣旨に反するからである。捕虜の扱いも異なる。前近代的なディスインフレ型戦争では、捕虜を皆殺しにしたり奴隷にしたりしたが、近代的なリフレ型戦争では、そうした消費を減退させることは行われない。このことは人権意識の向上とかヒューマニズムとかで説明されることが多いが、要は、資本主義社会では、人口の削減が戦争の第一の目的ではなくなったということなのだ。



そんな、戦争の原因にもなる生産とは、そもそも何なんだろう。戦争で人を殺してまでして生産する必要があるのか?


そんなことを考えていましたら、To live is to think. で答えを書いてくれました。



「人」こそが、最強のリスクヘッジ


これからは必要なものしか残らない。


不要なものは今までのように大量に生産することはできない。


簡単に言えば借金が今までのようにできなくなるからであるが、その理由はここでは述べない。


(上記の書籍を読んだり、ポッドキャスティングを聞いていただければご理解いただけると思います。)


「ものづくり」とは本来必要かどうかわからないものを「産み出して」富を得るシステムであるが、工業化、産業化が進んで、ものづくりは単純労働の一部と化した。


その結果が、現在のとてつもない在庫の山である。


(略)


人が金を信用している間は、金を持っていれば生活できることと同様に、人がより多くの人に信用されていれば、深い絆をたくさん構築している人、人から必要とされている人の所へは金は自然と集まってくる。金がなくても生活できるヘッジがあるということだ。


こういう人こそ本当に豊かな人と呼びべきだろう。


混乱のあと、最終的に残るのは「金」ではない。「人」である。



これからの生産は、量ではなく質が大事。


金を集めて大量生産するのではなく、人間性で質の高いもの、必要とされているものを生産する。これができれば戦争が減り、無理矢理殺される人も減るでしょう。これが正しい道であり、生き残れる道でもあると、私も思います。



そんな秋月企画チームでは、21世紀の情報革命における電脳騎兵(クリエーター(プランナー))を募集しています。


ピンと来た人は、秋月便りを購読して、秋月に参加してくださいね。



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


各国版Google News

| トラックバック(0)



Google Newsで、各国対応版がすぐに見れるようになっていることに気づきました。


トップニュースの横に国選択のプルダウンメニューがあります。これを選択すれば現地のニュースに変わります。



現地語ですが、翻訳を組み合わせるとそれなりに読めそうですね。


例えば、ガザ侵攻で今話題のアラブイスラエルのニュース。


うーむ、いまいち翻訳が分かりにくいかもしれませんが、そこは推理してください。



アメリカ中国台湾香港韓国ロシアインド1インド2パキスタンギリシャフランスドイツイギリスイタリアオランダスイスノルウェースウェーデンポーランドオーストラリアマレーシアフィリピンシンガポールブラジル



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


twitterを使い始めました

| トラックバック(0)



ここですね。


まだ良く分かってないので、だましだまし(笑)使っていきます。



まとめwikiはここ


ここから、サイドバーに付けるタグを作りました。フラッシュ版は、はてなが受け付けなかったので、MySpace用を貼付けました。



松浦彰夫 拝



人気ブログランキングに参加しました。下記リンクのクリックをお願いします。


人気ブログランキングへ


<< 1 2

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02