流水成道blog: 2010年3月アーカイブ

2010年3月アーカイブ

 20100207_Zero_Jeremiah.jpg

ワンダーフェスティバル(ワンフェス)というイベントがあります。ガレージキット(ガレキ)という手作りの人形を出展するイベントです。ガレキがメインなんですが、コスチュームプレイ(コスプレ)の場所もありまして、ワンフェスはコスプレに関する規制が少ないイベントとして有名です。造形を見せるためのイベントだからか、大きめの武器なども持てます。

20100207_Zero.jpg

そして、2010冬のワンフェスで、コードギアスのゼロのコスプレをしてきました。その時、コスプレ雑誌の電撃レイヤーズさんの取材を受けて、写真を撮ってもらいました。取材した人は全員掲載されるとのことで、次回3月30日発売の電撃レイヤーズに、カラフルの名前で私のゼロの姿が載ります。

20100207_Jeremiah.jpg

ジェレミアはカタマリ王妃さんです。

20100207_Emperor_Lelouch.jpg

皇帝ルルーシュもしました。

写真を撮ってもらうのは嬉しいですね。本屋で電撃レイヤーズを見かけて、お時間がおありでしたら読んでみてください。

 

松浦彰夫 拝

「子ども手当」という法律では、お金を配る対象は日本人だけじゃないようです。出稼ぎ外国人や留学生にも子供がいれば配るし、子供が外国にいても配る。養子が1000人いたら人数分配る。

誰だ、こんな穴だらけの法律を考えた奴は。政治家と官僚は阿呆ばかりなのか?

東京都の青少年健全育成条例の非実在青少年がにぎやかなので目立たないですが、「子ども手当」のことも真剣に考えましょう。

厚生労働省に「子供手当」について聞いてみた。有志よりの報告を以下、簡潔に記す。厚生労働省-雇用均等・児童家庭局-育児環境課-児童手当管理室の見解である。

問:該当する外国人家庭に子供一人当たり年間幾ら支給されるか? 

答:22年度案によれば、月額1万3千円、年額15万6千円。 23年度以降は、月額2万6千円、年額31万2千円。

問:「所得制限無し」というのは本当か?     答:本当である。

問:必要な条件は「住所のみ」というのは本当か? 答:基本的には住民票のみ。

問:実子でなく「養子でもよい」というのは本当か?答:本当である。法的に養子は「実子と同等」。

問:国外の子供にも支給されるのか?       答:支給される。

問:該当する在外子弟が激増した場合、如何なる対処をするのか?答:現状では考えていない。

問:在外子弟を含めて、外国籍の者に手当する根拠は何か?   答:法の下の平等によるが、今後の検討課題としている。

問:国家の経済が破綻しても、なおこれを行うのか?      答:今後の検討課題。23年度の本格実施時に詳細を決定する。

問:母国に100人の養子を持つ人物に支給する年額は幾らか?  答:22年度は1560万円。23年度以降は3120万円。

問:1000人の孤児と養子縁組をしている孤児院経営者が日本に住所を持った場合、彼等全員に子供手当が支給されるのか?

答:法的には年間1億5600万円、23年度以降は3億1200万円、支給される。

問:如何なる「歯止め」も無いのか?答:法的には無い。ただし施設の場合の例外等、運用面での検討、及び実態調査の厳格化などが考えられる。

問:これらの財源は何か?                答:税金である。

問:消費税に換算して何パーセントのアップになるのか?  答:数%に相当するだろう。

問:それを日本国民が負担せねばならぬ理由は何か?    答:今後の検討課題である。

理由が検討課題w。

子ども手当の支払い要件は児童手当の要件をとりあえず引っ張ってきたため

外国人は永住外国人とかではなく、短期在留外国人の子どもでもいいのだそうです。

「子供を本国に置いてきた出稼ぎ外国人労働者」や、「留学生」までもが対象。

児童手当は5000円。子ども手当は26000円。

もう無茶苦茶。

「本国で養子縁組して、仕送りしながら暮らす。」

という外国人が多発するでしょうね。

僕たちは必死に納税して、恵まれない子どもたちを養うことになります。

イエーイ。

子ども手当のいかつさにションベンちびりそう。 - Nomarの日記

 

松浦彰夫 拝 

 佐賀イベント吉野ヶ里歴史公園のジョギング教室に参加してきました。

 100314_1220~0001.jpg100314_1026~0001.jpg

小雨模様でしたが、生命の息吹を感じる緑の草木の中を走るのは、爽快な体験でした。

YouTube - 吉野ヶ里ジョギング教室 走行中

 1周2kmのコースを2周し、4km走ります。

おもいっきり走ると、体力の限界がどれくらいかが分かります。訓練で限界を知れば、日常ではどの範囲でやりくりすればいい、という見通しが立てられます。できることと、できないことの区別を付けるというのは良い事です。

 

 講師の松枝憲義さんは佐賀の駅伝のランナーです。ジョギングはリレクゼーションの効果があるとのことでした。

mei_5.jpg

第44回郡市対抗県内一周駅伝

YouTube - 吉野ヶ里ジョギング教室 インタビュー

 

次回は、個人が手作りで作成した小規模発電施設について書きます。

 

松浦彰夫 拝

 昨日のtwitterを貼ります。

金曜の夜に車を出発。土曜朝に兵庫で自由の代価さんと合流。関門海峡の壇ノ浦SA。博多湾生の松原の元寇防塁。太宰府。玄海原子力発電所と行き。佐賀市で宿泊でした。

博多湾は穏やかな海で、ヨットとか見えたりして、落ち着ける場所でした。

これから朝ご飯を食べてから、吉野ヶ里でランニング会です。

 

 

昨夜行った、玄海原発で撮ったガイガーカウンター

http://twitpic.com/18ep5e
3/14 7:48[ movatwitter ]   Del  RT  
太宰府天満宮なう 参道の店が個性的で良かったです

http://twitpic.com/18a7pz
3/13 18:23[ movatwitter ]   Del  RT  
元冦防塁 生の松原なう

http://twitpic.com/189mgi
3/13 16:17[ movatwitter ]   Del  RT  
史上最大の飢饉(1959ー1961)2: イベント開催→クリック数ヶ月のあいだ、すべてが完璧に進行しているように... http://bit.ly/btERwy
3/13 15:05[ twitterfeed ]   Del  RT  
壇ノ浦なう ついに九州上陸

http://twitpic.com/1894v6
3/13 14:51[ movatwitter ]   Del  RT  
大宰府
3/13 14:22[ movatwitter ]   Del  RT  
チョコレートたいやきなう 美東SA L:山口県宇部市小野4669

http://twitpic.com/188pse
3/13 13:46[ movatwitter ]   Del  RT  
食事休憩なう

http://twitpic.com/187t24
3/13 11:36[ movatwitter ]   Del  RT  
四日市で渋滞に捕まってしまった。SAで休憩なう。
3/12 23:15[ movatwitter ]   Del  RT  
佐賀に向けて出発なう。まずは腹ごしらえ。 L:静岡県焼津市

http://twitpic.com/182yfu
3/12 20:45[ movatwitter ]   Del  RT  

 

 

松浦彰夫 拝

佐賀イベント準備中

| トラックバック(0)

 3月14日の佐賀イベント吉野ヶ里歴史公園ジョギング会の準備を進めています。

1つ目、ジョギング用の靴を買いました。走り慣れていない人は、クッションが厚いものが良いようです。トップランナーは少しでもタイムを縮めるため軽い靴を履くみたいですが、まず怪我を減らす事を優先しました。ランニングで怪我をするのは膝が多いようです。経験では、膝が着地時にブレると負担が増える気がします。奇麗な姿勢で走りたいものです。

2つ目、車で行きますので、スタッドレスタイヤに換えました。静岡の平野部で住んでいるとほとんど雪が降らないため、スタッドレスでなくても問題ないですが、佐賀へ向かう途中の関ヶ原などは雪が多い道路ですので、念のためです。タイヤ屋さんに聞いたところ、3シーズンくらいは保つそうです。

3つ目、目的地と道路の調査。佐賀への道と所要時間をgoogle mapのルート・乗り換え案内で調べました。車のカーナビでも分かります。技術の進歩はありがたいですね。周辺の史跡・観光地にも行くつもりですので、一通り調べました。

4つ目、宿泊の予約。じゃらんで調べました。インターネットが出来る所とか、条件をつけて調べられるのがいいですね。

12日の夜から車を走らせて、13、14、15日と観光。15日の夜に戻る予定です。どこに行くかは行ってから報告します。写真を撮ってきますので写真で発表です。

 

松浦彰夫 拝

YouTube - 第35回駿府マラソン ハーフマラソン往路

 

 『誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義: 松岡正剛』を読みました。概要と感想を書きます。千夜千冊の方です。

 

799px-Houses.of.parliament.overall.arp.jpg

 

本書の概要は、あとがきにありました。

近現代史の「まちがい」がどこからおこったのか、そこをさぐっていくという語りかたに徹してみました。そのため本書では、多くの読者にはやや意外かもしれないであろう「イギリスのまちがい」ということをあえて示してみました。イギリスが犯罪者だというのではありません。イギリスは議会も株式会社もジャーナリズムも小説も産業技術も作ったんです。近代社会がその恩恵に浴しているモデルの多くがイギリスの発明です。

ところが、これらを世界に撒き散らさないと、イギリスは覇権を握れなくなった。そのため植民地を経営し、奴隷を発明し、三角貿易を定着させました。直播きです。直営です。それを百歩譲って、当時の世界経済の繁栄としてやむをえなかったとしましょうか。しかし、そのうちこのモデルは世界中が擬似的に共有するものとなってしまっていたんです。とくにそのイギリスからの移民によって自立したアメリカが、この覇権を継承すると、世界中が同一のルールとロールとツールを使うようになっていきました。

これは「まちがい」です。こんな歴史はかつてあったタメシがありません。だから、ここはよく考えなおすべきところです。ヨーロッパ諸国は、私が知るかぎりはこの「まちがい」を20世紀になってから何度かにわたって反省し、検討してきたように思います。その成果のひとつがフッサールやアドルノの現代思想や、カフカやベケットの文学となり、EUの試みやアート・ムーブメントになってきた。それを一言で言えば「自由と国家と資本主義」の新たな組み替えということでしょう。本書は、こうした「生みの苦しみ」のあとを辿ったものとも言えるかもしれません。

残念ながら、日本はいま「まちがい」を巨視的にとらえていないようです。互いの「なすりあい」に終始していて、疲れがでています。困ったことですね。

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義 おわりに 苗代の知恵 P466

イギリスが作った近代世界システムの間違いを考え直そうということのようです。

 

Leviathan.jpg

 

そして、近代とは「代理の社会」だそうです。

 私は、そもそも近代社会というのは「代理の社会」だというふうに思っています。

自分で政治もしないし、料理もしないし、洗濯もしない。政治は代議士にしてもらい、洗濯はクリーニング屋に頼み、旅行は旅行代理店に組んでもらう。法律のことは弁護士にまかせ、食事もレストランのシェフのものを食べ、教育は先生方に面倒を見てもらう。企業も財政面を銀行に見てもらい、その宣伝は広告代理店に代理させていく。

これが近代社会の実態です。なにもかもが他人のつくる機関にまかせていく。そして、大衆はそれに文句をつければいいということになっていく。こういう「代理の社会」をつくったことが、ネーション・ステートのもうひとつの特色だったわけです。

すべての代理がよくないということではありません。「まちがい」とも言いません。政治や法律や教育や医療は、代議士や弁護士や教師や医師にまかせてもいいでしょう。けれども、そこには限界もあるし、失敗もあるし、過剰や不足もあるのだから、目を光らせるだけではなく、ときには自分で引き取る覚悟を持っていたほうがいい。

その代理性が、20世紀後半ではついに米ソによる「代理戦争」にまで究極化していったわけでした。2つの大戦の戦禍や原因など、国家においてはなにひとつ反省されていなかったんですね。

こんな「代理の社会」がこのまま、21世紀の政治や経済の理想モデルになるかといえば、とうていムリでしょう。私はそれをせめて「編集の社会」にしていくべきだと思っています。「代理を編集で取り戻せ」ということですね。

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義 第10講・・・資本と大衆の時代 冷戦時代のポリティクスーー代理社会の代理戦争 P392

近代は「代理の社会」であり、エスカレートして「代理戦争」にまでなってしまった。

 

nawashiro.jpg

国営昭和記念公園 こもれびの里

筆者は、近代の間違いに対して「苗代」という方法で対処しようと提案しています。苗代は梅雨を挟んで稲を丈夫に育てるよう工夫した方法で、「依代(よりしろ)」「憑坐(よりまし)」「物実(ものざね)」という考え方のルーツのひとつになっていたそうです。これらは、そこに何かがやってきたり、着いたり、宿ったり、育ったりするとても小さな「座」「棒」「柵」のようなものだそうです。日本の稲作はダイレクトに育てず、苗代という仮の場所に種をまいて、2段階で育てる。

他国から来た異質なものも、いきなり全面的に受け入れず、まず小さく育ててみて吟味する。その段階で日本に合うものに「編集」して取り込むという方法を、筆者は提案しています。

 

一理ありますが、「苗代」は受け入れる側の方法論だけなので、外に広げていく側の方法論は別に構築する必要があると感じました。

「苗代」は農業のランドパワーの方法です。日本は島国なので、海を上手く使うというシーパワーの方法があります。日本は外交下手といいますが、土地をもってそこに引きこもるという発想で、内向きになってしまっています。海は物資の輸送に便利です。徳川時代に鎖国したおかげで、山田長政のように東南アジアに進出した日本人が途絶えてしまいました。それが続いていたら、日本人には国際感覚があふれていたと思います。

 

Atakebune2.jpg

 

本書では方向性が違いますが、「海の民」についての記述がありました。「水軍」などでしょうか。

世界にはいろいろ共同体のモデルがありえます。けれどもアジア的な共同体というと、そんなに多くのモデルにはなりません。①生態適応型の共同体、②ネットワーク型の共同体、③大文明型の共同体、おおざっぱにそのくらいでしょう。

①は、たとえば東南アジアの山地やジャワや日本の農村部にかつてはよく見られました。いまではこれを「エコ」などと言いますね。②は、「海の民」や「草の民」がつくってきた共同体です。ネットワーク的に動いていく共同体モデルです。③は、中国の社稷(しょしょく)共同体やインドのカースト制がつくってきた。しかし、こうしたアジアの共同体も、いまでは各地でいちじるしい変更や修正をうけてしまっています。

ということは、これらのどの共同体のモデルがいいかということではなく、いま残っている母型や単位をさまざまに共存させていくことが必要だということです。そういう「編集方法」を考えなければならないでしょう。

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義 第11講・・・日本の苗代をとりもどしたい 日本人の「ものの見方」 P432

「海の民」はネットワーク型の共同体ということです。コミュニティに閉じこもらずに外と積極的に関わっていくという意味だと思います。日本の活路は、海路にこそあるのでは無いかと思う訳です。

 

松浦彰夫 拝

 災害は自然災害なら仕方ない面もありますが、人災となると許せない面があります。それも多くの人、さらに未来の人の迷惑になる場合は特にです。

 ある情報によれば、小沢一郎がロンドン密約で、浜岡、東海、伊方、柏崎、玄海、もんじゅ、六ヶ所村、女川の原発を爆発させ、日本を放射能の世界にする約束をしたようです。太平洋と日本海の2回の地震に合わせて原発を自爆させる計画です。プルサーマルなどでプルトニウムを使う所だらけです。プルトニウムの半減期は2万年です。2万年で半分、4万年で4分の1、ほぼ永久的に汚染されるということです。それだけ長期間汚染されるということは、日本だけでなく世界中に拡散するということです。これはもう、狂気に取り付かれているか、何も考えていないかどちらかです。こんな人に日本をまかせられないです。

 

松浦彰夫 拝

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02