流水成道blog: 2010年9月アーカイブ

2010年9月アーカイブ

なぜ中国が尖閣諸島に手を伸ばしだしたのか。なぜ菅直人が弱腰外交をしたのか。

尖閣諸島中国漁船衝突事件とレアアース禁輸問題について、考えをまとめてみました。まず、尖閣諸島の領土問題です。

800px-Diaoyutai_senkaku.png

日本は、日清戦争中の1895年1月14日から一貫して尖閣諸島を領有しており、沖縄県石垣市に属する。

日本政府は尖閣諸島の領有状況を1885年から1895年まで調査し、世界情勢を考慮しながら、いずれの国にも属していない事を慎重に確認したうえで1895年1月14日の閣議で決定し沖縄県に編入した。 国際的にも日本の領土と認められ、日本人も入植した。 アホウドリの羽毛の採取や海鳥の剥製の製作、そして鰹節の製造などが行われた。特に鰹節の製造は島の基幹産業となった。 しかし南洋諸島からの安価な製品が出回るようになると経営が苦しくなり、鰹節工場は閉鎖され1940年に無人島となった。無人島になってからも日本の実効支配は継続していた。第二次世界大戦後は一時連合国(実質的にはアメリカ合衆国)の管理下に置かれたが、1972年に沖縄県の一部として日本に返還されている。 島は開拓者の子孫が所有する民有地であり、アメリカの管理下にあった時から現在に至るまで、日本政府が貸借契約を結んでいる。

1969年および70年に国連が行った海洋調査では、推定1095億バレルという、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告され、結果、周辺海域に豊富な天然資源があることがほぼ確実であると判明すると、ただちに台湾がアメリカ合衆国のガルフ社に周辺海域の石油採掘権を与えるとともに、尖閣諸島に上陸し「青天白日旗」を掲揚した写真を撮らせ世界中の通信社に配信したため、日本政府が抗議した。

当時の琉球政府も、尖閣諸島が石垣市に属することを前提に警察本部の救難艇による警備を実施し、接近した台湾漁船に退去を命令する等の活動を実施していた。1970年9月には魚釣島に掲揚されていた青天白日旗を撤去し、米国民政府に保管している。

1971年6月に台湾、12月に中国が相次いで領有権を主張した。その根拠は、尖閣諸島が中国側の大陸棚に接続しているとの主張にくわえ、古文書に尖閣諸島を目印として航海に役立てていたという記述が見られることで、最も古くから同諸島の存在を認識していたという解釈による。ただし、1970年以前に用いていた地図や公文書などによれば両国とも日本領であると認識していたようで、米国の施政時代にも米国統治へ抗議したことはないため、日本国内では中国と台湾が尖閣諸島の領有権を主張し始めた動機として 海底油田の可能性が高い と唱えられている。そのため、国際法上以前に黙認によって許容した関係に反する主張は、後になって許されないとする禁反言が成立する可能性も指摘されている。

尖閣諸島領有権問題 - Wikipedia

尖閣諸島は1895年から日本領でしたが、1970年頃に海底油田の可能性が調査された後、中国と台湾が領有権を主張しだしました。

次に、今回の中国漁船の衝突事件です。

事件の経過

* 2010年9月7日 - 中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突
* 2010年9月8日 - 中国大使館職員が船長に面会。船長の早期釈放、残る14人への事情聴取を実施しないよう要求
* 2010年9月9日 - 石垣海上保安部が船長を、公務執行妨害容疑で那覇地検石垣支部に送検
* 2010年9月10日 - 那覇地検石垣支部が船長の拘留の延長を請求
* 2010年9月13日 - 船長以外の船員を帰国させ、漁船を解放
* 2010年9月16日 - 前原誠司国土交通相は石垣海上保安部に行き、巡視船艇の係留所を視察[8]
* 2010年9月19日 - 石垣簡易裁判所は逮捕された中国人船長の拘置期間を10日間延長し、20日から29日までとした[9]
* 2010年9月24日 - 那覇地方検察庁が船長を処分保留で釈放と発表[10]
* 2010年9月25日 - 未明に中国のチャーター機で石垣空港から出国し、中国人船長は中国福建省福州の空港へと送還された

尖閣諸島中国漁船衝突事件 - Wikipedia

尖閣漁船衝突の経過は上記の通りです。この19日と24日の間にレアアースの禁輸問題が起こります。

ハイブリッド車の製造などに不可欠なレアアース(希土類)について、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は23日、中国当局が日本向け輸出を禁止したと報じた。また、中国でのレアアースの通関手続きが21日、ストップしたことがわかった。日本の大手商社が明らかにした。通関が突然、認められなくなるのは極めて珍しい。
 ◇中国商務省は否定

 禁輸が事実なら、尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近での衝突事故で中国が新たな対抗措置に出たことになる。温家宝首相は21日、事故で「新たな行動を取る」と警告していた。

 中国は22~24日、中秋節の連休で、税関も一部を除いて休んでいる。差し止められたのは実質的には21日だけだが、日本の大手商社幹部は「たまたま税関の事務作業が滞っただけなのか、禁輸措置なのかは、連休が明けてみるまで分からない」と話した。日本政府は25日にも中国側に通関停止について照会する方針。

 ニューヨーク・タイムズ紙は、匿名の業界関係者の話として禁輸措置を報じた。禁輸措置は今月末までで、その後は日本側の対応次第で継続されるかどうかが決まる。29日には衝突事件で逮捕された中国人船長の拘置期限を迎えるため、日本側に圧力をかけた形だ。

 一方、ロイター通信などによると、中国商務省報道官は「レアアースの対日輸出は禁止していない」と同紙報道を否定した。

 しかし、AP通信によると、中国当局は日本向けにレアアースを輸出している主要企業に対して輸出しないよう圧力をかけている。日本に輸出した場合、当局が割り当てる輸出許可枠を削減すると示唆しているという。

 中国政府は21日には、旅行各社に訪日ツアーの販売自粛を要請した。レアアースでも、日本側に圧力を加えるため、中国側が事実上の禁輸措置に踏み切った可能性は否定できない。業界関係者は毎日新聞の取材に「輸出規制で品薄になった時期に情報が流れ、価格上昇などの影響が出そうだ」と話した。

 中国は今年7月、今年のレアアース輸出許可枠を前年比4割減の約3万トンに削減すると決定。今年8月に開催された日中ハイレベル経済対話でも削減見直しが協議された。

中国:「レアアース対日禁輸」 漁船衝突、対抗措置か--米紙報道 - 毎日jp(毎日新聞)

21日に温家宝首相が「新たな行動を取る」と警告し、レアアースの通関手続きがストップ。23日にニューヨーク・タイムズが報道。24日に船長釈放。

民主党の支持者にレアアースを取り扱う商社がいて、これが民主党に抗議。びびった民主党政権は、船長を解放。しかも責任を取りたくないので、那覇地検が勝手に釈放したと責任逃れをしました。

PN2010092401000647.-.-.CI0003.jpg
 中国人船長、処分保留で釈放 那覇地検「日中関係を考慮」 - 47NEWS(よんななニュース)

政治家が悪事を秘書のせいにすることがありますが、それと同じです。上記の検事の顔を見れば、怒っていることが分かります。自分の意思でやったのなら怒る必要はありません。上司がやった都合の悪いことを、自分がやったと言わされているから怒るのです。

弱腰外交が問題になって、超党派の議員連盟もできました。

民主、自民両党などの議員が10月1日に超党派の議員連盟「国家主権と国益を守るために行動する議連」(仮称)を設置することになった。

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を巡る日本政府の対応を検証することなどが狙いで、政府に情報開示などを求めていく方針だ。

 29日に国会内で開かれた準備会合には、民主党から原口一博前総務相、川内博史衆院議員、自民党から岩屋毅元外務副大臣、河井克行元法務副大臣らが参加した。

 議連は30人前後にのぼる見通しで、原口、岩屋両氏が議連の共同座長となる予定。

原口前総務相ら、超党派の「国家主権議連」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

原口一博前総務相は民主党代表選で、小沢一郎に投票した人でした。分かりやすい構図です。他にも批判が続出しています。

一方で、「弱腰外交」批判も日増しに高まる。党外はもちろん、“身内”からも公然と厳しい声が相次いでいるのだ。

 長島昭久前防衛政務官ら有志40人が27日、首相官邸を訪れ、仙谷氏に建白書を提出。建白書は今回の事態を「日清戦争後の三国干渉に匹敵する国難で痛恨の極みだ」としたうえで、「検察が独断で判断したと信じている国民はほとんどおらず、『検察の判断』と繰り返すことは責任転嫁との批判は免れない」と指摘した。

 また、松原仁衆院議員ら有志議員約70人も27日、那覇地検が日中関係への考慮を理由に船長を釈放したことについて、「検察の権限を大きく逸脱した極めて遺憾な判断」との声明を発表。同日夕に国会内で開かれた民主党の法務・国土交通・外務の合同部会でも「日中関係への考慮」を理由に船長が釈放された事態に異論が続出し、政府側は「検察の判断」を繰り返すだけにとどまった。

 脱小沢路線で支持率が再び上昇した菅首相だが、早くも崖っぷちだ。

尖閣“一触即発”船舶入り乱れ!防衛省幹部「不測事態ある…」 - 政治・社会 - ZAKZAK

ここまでは、これを読んで頂いている皆さんも、大体分かると思います。

疑問点として残るのは、なぜ中国が尖閣諸島に手を伸ばしだしたのかと、なぜ菅直人が弱腰外交をしたのかです。

長くなったので、次回の【沖縄決戦】レアアースとは何か?【その2】 - 流水成道blogに続きます。

 

松浦彰夫 拝

1人当たりのGDP「台湾に抜かれる日本、8年後には韓国も逆転か」−韓国 2010/09/07(火) 12:43:21 [サーチナ]という記事がありましたので、調べてみました。ここで言う1人当たりのGDPとは、購買力平価ベースのGDPです。

[世] [画像] - 一人当たりの購買力平価ベースのGDP(USドル)の推移(1980~2010年)の比較(日本、アメリカ、中国、台湾、韓国)

# GDP(国内総生産)とは一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額。 経済を総合的に把握する統計である国民経済計算の中の1指標で、GDPの伸び率が経済成長率に値する。 詳しくは国内総生産 - Wikipedia参照。
# 一人当たりのGDP = GDP / 国の人口。
# 購買力平価は「為替レートは自国通貨と外国通貨の購買力の比率によって決まる」という購買力平価説を元に算出された交換比率。 各国の物価の違いを修正して比較できるため、より実質的な評価・比較ができると言われている。

[世] 一人当たりの購買力平価ベースのGDP(USドル)の推移(1980~2010年)の比較(日本、アメリカ、中国、台湾、韓国)

上記が1人当たり購買力平価ベースのGDP。購買力平価というのは、ビッグマック指数が有名ですが、A国ではビッグマックが2ドル、B国ではビッグマックが1ドルとしたら、A国の物価がB国の2倍なので、B国のGDPを2倍としてA国と比較するということです。

確かに日本は台湾に抜かれていますね。2009年に落ち込んでから、日本も少しは上がっているのですが、台湾の上がりの方が大きいです。

[世] [画像] - 名目GDP(USドル)の推移(1980~2010年)の比較(日本、アメリカ、中国、韓国、台湾)

# 名目GDPとはその年の経済活動水準を市場価格で評価したものを指す(物価変動の影響を含む)。

[世] 名目GDP(USドル)の推移(1980~2010年)の比較(日本、アメリカ、中国、韓国、台湾)

名目GDPの推移です。名目GDPで、日本が中国に抜かれて世界3位になってしまったのが分かります。他国のGDPは上昇している中で、日本のGDPは1995年のピークになってから横ばいです。日本のGDPが、全体は増えておらず購買力平価ベースではある程度増えているというのは、デフレで物価が下がっているということです。

[世] [画像] - GDPデフレーターの推移(1980~2010年)の比較(日本、アメリカ、中国、台湾、韓国)

# GDPデフレーター = 名目GDP / 実質GDP。推移がプラスならインフレ、マイナスならデフレ傾向にあると見ることが出来る。

[世] GDPデフレーターの推移(1980~2010年)の比較(日本、アメリカ、中国、台湾、韓国)

日本のGDPデフレーターは、2010年が88.80%で、やはりデフレです。

それはさておき、日本が停滞している間に、1人当たりの豊かさで台湾に追いつかれたようです。台湾は、iPodやiPhoneの生産拠点になっていますから、その特需でしょうか。

日本の成長が止まっているのは、そのような新しい産業が興っていないからでしょう。現状を打破するには、水素文明へのエネルギーシステムの転換が一番確実な方法ですが、日本企業は進取の精神を無くしたようなので、そのままでは厳しいです。

間違っていることを間違っていると言えない日本は、無限ループをする蟻の群れにも似ています。蟻は前を進む蟻の匂いをたどって進みますが、匂いの道が円になった時、ひたすら同じ場所で回り続けます。死ぬまで回るので、デス・スパイラルと呼びます。虫の目では目の前しか見えないので間違いが分からない。鳥の目でみれば全体が見えますので、間違いが分かります。

YouTube - Ants going in a circle : San Pedro, Peru

YouTube - Secret of ants - Death spiral! / Загадка муравьев - Спираль смерти!

 

松浦彰夫 拝

鋼の錬金術師というアニメがあります。

錬金術、それは「等価交換」の原則のもと、物質を理解分解
そして再構築する、この世界で最先端の科学である。
この錬金術において、最大の“禁忌”とされるもの「人体錬成」。
亡き母親を想うがゆえ、禁忌を侵し、全てを失った幼き兄弟。

巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリック。
機械鎧(オートメイル)をまとい、「鋼の錬金術師」の名を背負った兄、
エドワード・エルリック。

二人は失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。
兄弟は「賢者の石」の真実に近づくにつれ、大きな陰謀の渦中へと突き
進んでいく。

暗躍する人ならざる者たちの存在。
徐々にその本性をむき出しにする軍事国家アメストリス。
虐げられた民の果て無き憎しみと復讐の念。
錬金術がもたらす幾多の悲劇。
点在する悲劇は、やがて線になり、人を、民を、そして国すらをも巻き
込んでいく。

兄弟は絶望と希望の狭間の中、それでも前に進む--。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 公式ホームページ

エルリック兄弟は、亡くなった母を甦らせようと禁止されていた人体錬成を行うが、「等価交換」の法則の反動で、自身の身体を失います。兄弟は失った体を取り戻すため、「賢者の石」を求めて旅に出ます。

錬金術師である父の影響か、幼少時より弟アルフォンス(アル)と共に錬金術の初歩を独学で修得、才能の片鱗を見せる。5歳の頃に母を亡くしたことから、弟と共に人体錬成によって母を生き返らせることを目標とし、9歳の頃2人の師、イズミ・カーティスの下で錬金術を学んだ後に帰郷し、11歳で人体錬成を行うが失敗。失敗の代償は大きく、エドは左足を、アルは肉体の全てを失った。更にエドは右腕を代価とし、アルの魂を錬成したため右腕をも失ってしまう。

深い絶望に陥ったエドであったが、マスタング中佐(当時)の勧めで国家錬金術師になる事を決意する。その後は、失った右腕と左足を機械鎧(オートメイル)と呼ばれる義手と義足で補い、12歳にして国家錬金術師の資格を取得。「覚悟を決めるため」として自らの家を焼き払い、失った手足と弟の身体を取り戻す方法(賢者の石)を探すため、アルと共に旅に出る。

エドワード・エルリック - Wikipedia

「賢者の石」は、人間の魂を材料にするという、おぞましい方法で作られていました。自分達のおこがましさを知ったエルリック兄弟は、賢者の石に頼らないことを誓い、政府の陰謀を阻止するために戦います。

そして4年にも渡る旅と、ホムンクルス達との戦いの末に賢者の石の正体=生きた複数の人間が材料である事実を知り、賢者の石に頼り切って同じ過ちを繰り返そうとしていた自分達のおこがましさを自覚、賢者の石に頼る事を諦める。だが結果として、賢者の石への執着を捨てた事が兄弟にとって心身共に大きな成長へと繋がる事となった(それ以降、賢者の石を見せられても欲しがったり自分から使おうなどとは二度とする事はなかった)。同時にアルの肉体の居場所とホムンクルス達の目的を知ったため、賢者の石を使わずに元の肉体に戻る方法を模索し始める。その道中でマスタングやオリヴィエなど一部の軍部、そして傷の男達とも協力関係を結んだ。

エドワード・エルリック - Wikipedia

鋼の錬金術師は人気アニメなのですが、なぜ人気なのか考えてみて、現在の日本の世相を反映しているからだと理解しました。今の若い世代は、身体の一部や全部を失ったような感覚を持っています。社会に閉塞感が蔓延し、なかなか夢や希望を持てないのです。

 

私の子供の頃の日本は自信にあふれてまして、経済は絶好調、ジャパン・アズ・ナンバーワンなんて言葉もありました。日本の官僚は世界一!、なんて言う人もいましたね。懐かしい。

しかし、バブル崩壊後の構造改革に失敗。今の不況にいたります。税収が37兆円なのに予算要求が93兆円ですから、政府の失敗は明らかです。

高齢化で、労働人口が減少しますので、少ない労力で大きい成果を上げるないといけません。労働集約産業から知識集約産業に切り替えて、効率化をするべきだったのですが、構造改革ができませんでした。その結果、税収の2倍以上の予算になってしまいました。

なぜ構造改革をできなかったかというと、利権構造があるからです。政治家や官僚は、退職後の天下りポストを得るために、特定企業を有利に取りはからったり、業界の新規参入を禁止したりします。電波利権などですね。利権構造です。

利権産業はぬるま湯ですから、世界情勢の変化などに対する危機感が薄いです。通常、危機感が薄い企業は倒産するものですが、利権で政府から資金(税金)を供給されることで生き残ります。こうして通常なら倒産するはずの、時代遅れで非効率な企業が生き残ります。こういったことが積み重なって、非効率な政府と、時代遅れの産業界になっていきます。

 

それでは、どうしたらいいのでしょうか?

国家の、理解分解再構築を行なえばいいのです。国家錬金術です。

日本の歴史を振り返ると、何度も国家の再構築が行なわれてきました。源平の乱の後の武士政権や、明治維新などがそうです。

源平の乱の時は、公家政治が機能不全になったので、武家がそれを分解しました。明治維新の時は、徳川幕府が機能不全になったので、薩長がそれを分解しました。

今回も、政治家と官僚が機能不全になったので、これを分解する必要があります。利権政治の象徴は小沢一郎ですので、小沢一郎が失脚することで、時代は一気に進展します。安政の大獄の井伊直弼が、桜田門外の変で討たれるのと同じです。お荷物となった利権構造が分解されていくでしょう。

 

注意するべきなのは、分解だけでは再構築にならないことです。つまり理解が必要です。

構成要素の特性を理解し、分解し、理論と術式にあてはめて再構築します。

蝶は、幼虫として生まれ、さなぎになり、成虫となります。さなぎの時、殻の中で身体をドロドロに分解しています。分解された体を、遺伝子の設計図にあてはめて再構築します。

国家錬金術も同じで、再構築するための術式=遺伝子が必要です。

源平の乱では、武士文化を遺伝子として、鎌倉幕府を再構築しました。明治維新では、イギリスの産業革命を遺伝子として、明治政府を再構築しました。

今回は水素文明が術式=遺伝子になります。根本から組み替えるので、また数百年は続きます。

 

鋼の錬金術師でもそうでしたが、国家の再構築のためには仲間が必要です。時代は常に動いていますので、祭りに乗り遅れないようにしましょう。

松浦彰夫 拝

鋼の錬金術師 1-25巻セット (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 【完全予約生産限定】 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [Blu-ray]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [DVD]

20100827-tumblr.jpg

民主党の小沢一郎がいよいよピンチのようですね。

簡単に言うと、「おだてられて党首選に出たが、実はそれは罠で、はしごを外されて降りるに降りられなくなり、敗北は避けられない」ということのようです。

党首選で負けることの何が問題なのかというと、まず、支持基盤の北朝鮮派を失ったこと。次に、無理言ってスポンサーから、金とか、その他諸々を借りていますので、ここで転ぶと借りたものを返せないことが明白になって、契約不履行で取り立てが行なわれることでしょうか。

 

こちらは安政の大獄を行なった井伊直弼。

oraga-56-09.png

 

善政をしてくれる政治家なら気の毒にもなりますが、彼の場合はどうでしょうか?トップの資質は人格と能力ですが、それが無いなら多くの人の迷惑になるので、退場してもらいたいものです。

 

松浦彰夫 拝

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02