流水成道blog: 2011年2月アーカイブ

2011年2月アーカイブ

敵と味方を知れば、100回戦っても危険では無い、というのは孫子の言葉です。

現実主義 - 緻密な観察眼に基づき、戦争の様々な様相を区別し、それに対応した記述を行う。「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」(謀攻篇)

孫子 (書物) - Wikipedia

何にリスクがあり、何が敵なのか知らなければ、その災いを防ぐ事はできません。見えない攻撃は防げないのです。

〔敵情を人力で先知する〕孫子はいう、およそ軍を興すこと十万、軍を出すこと千里となれば、民衆の費用、公家の出費は、日に千金を費やし、内外騒動して仕事を行うことができない者は、七十万家にものぼる。敵味方が互いに守ること数年で、勝利を一日で争う。しかるに、爵禄百金を惜しんで敵情を知ろうとしない者は、不仁の至りである。人の将ではない。君主の補佐ではない。勝利の主ではない。故に、明主・賢将が軍を動かして人に勝ち、衆に抜きんでた成功をなすのは、あらかじめ敵情を知るからである。あらかじめ知ることは鬼神の加護によってできることではない。多事から類推してできることではない。自然の法則から推理してできることではない。必ず人の力によって敵情を知ることができる。

SEI_TAIKOU'S SITE(『孫子』用間篇)

また、敵情を知るためには、人の力で情報を集める必要があると、孫子は言います。

秋月でも、情報を集める人を情報部員として募集します。

・・・続く

 

松浦彰夫 拝

徳とは何か。仁とは何か。善悪とは何か?

『論語』最高の徳である「仁」とは何か

 『論語』のなかで孔子は、「仁」を最高の道徳として示していました(あえていえば、その上の「聖」という徳目も記されているのですが、これは最高レベルの人間でも難しいと孔子も述べているので、ここでは除外)。

(中略)

まず、「孔子はそもそも何を目指していたのか」を時代の文脈からの視点で考えますと、春秋時代末期の内乱と下剋上が進むご時世のなかで、「社会に秩序を与え、安定した体制を取り戻したい」と願い、熱心に活動していました。これは『論語』を読めば明らかです。

 ではどうすれば、この内乱や下剋上を収められるのか。孔子はここで、おそらく混乱の主因に、

「人々の愛を及ぼす範囲が狭まっていること」

 を見た、と想定することができます。

 たとえば現代の会社や組織などでもそうですが、内部分裂や、下剋上が頻発して争いごとに明け暮れている状況を目にした場合、われわれは、

「荒れた組織だな」
「敵意や憎悪ばかりだな」
「愛や思いやりなんて欠片もないなあ」

 と考えるのが一般的ではないでしょうか。

 しかし、見方をちょっと変えてやると、これは偏った考え方でしかないことがわかります。たとえば、君主に下剋上を企てる家臣を考えてみましょう。彼には自分の支配下にある身内に対しては溢れんばかりの愛があります。

 しかし一方で、君主や国全体には残念ながらその「愛」が及ばなくなっています。このため叛乱を起こしてしまうわけです。「愛」は無くなったのではなく、その射程が狭まっただけ。しかしその結果、お互いが「愛」から外れたものを「憎悪」し始め、攻撃し合うという図式が生まれたのです。

 「愛しさ余って憎さ百倍」という言葉もありますが、愛ってその及ぶ対象の広さによって、素晴らしい徳目にも、ハタ迷惑な存在にもなってしまう二重性を持っているんですね。

 では内乱や下剋上を抑え、秩序や平和を取り戻すには、どんな処方箋を記せばよいのか。

 単純に考えれば、愛する領域の縮小が問題であるなら、逆に拡大するようベクトルを切り替えてやればよいはずです。つまり、

 「愛する対象を広げていくこと」

 これが「仁」の意味となるわけです。

(中略)

ただし、ここから孔子の教えのユニークな点が顔をのぞかせます。愛を広げるのが重要といっても、孔子は、

 「一挙に愛する対象を広げて、博愛を心がけなさい」

 とは、まったく考えませんでした。『論語』にはこんな言葉があります。

・「“悪意にも善意をもって報いよ”と言われますが、いかがでしょうか」
 ある人がそうたずねたところ、孔子は答えた。

 「それなら、善意には何をもって報いるのかね。悪意には理性をもって報い、善意には善意をもって報いるがよい」(或ひと曰く、「徳を以って怨みに報いば何如」。子曰く、「何を以ってか徳に報いん。直を以って怨みに報い、徳を以って徳に報いん」) 憲問篇

 確かにわれわれ凡人が「広く愛せよ」と言われたところで、敵対する相手まではそうそう愛で包みこめないわけです。この人の素直な心情を、まず認めようとするのが孔子の孔子たる所以でした。

 では、どうやって愛を広げていくのか。孔子は、今感じている身近な対象への愛——端的には親や兄弟への愛——を起点にして、その範囲を少しずつ周囲に押し広げていけばよいと考えたのです。

日本の民主主義には「仁」の精神がなくなってしまった?:日経ビジネスオンライン

人が幸せになることが善で、不幸になることが悪だと定義します。

また、善い事をするのが善人、悪い事をするのが悪人だとすると、人を幸せにするのが善人、人を不幸にするのが悪人となります。

1人が幸せになることは1の善、10人の幸せなら10の善、1000人の幸せになら1000の善、1人が不幸になることは1の悪、10人の不幸なら10の悪、1000人の不幸なら1000の悪となります。

  少人数 大人数
善悪の大きさ
幸せ 小善 大善
不幸 小悪 大悪

1人を幸せにするために、1人を不幸にするのなら、差し引き0です。ただし、その1人の幸せを維持するために、別の1人をまた不幸にしたら、幸せな人が1人で、不幸な人が2人なので、マイナス1の不幸になります。

社会全体で考えると、愛する範囲が狭い人は10人を幸せにするために1000人を不幸にしてしまうことがあるので、愛する範囲が狭い人は社会では悪人です。

ただし、1人を幸せにするために1人も不幸にしないのなら、プラス1の幸せなので善い事です。自分1人が幸せになるために、誰にも迷惑をかけないなら、問題ありません。人に迷惑をかけない範囲で、自分の幸せを追求するのは社会的にも善い事なので、どんどんやりましょう。

もっと善いのは、自分の幸せが他人の幸せでもある場合で、1つの事で2人が幸せになりますので、2倍善いことになります。WIN-WINの関係が善いというのはそういうことです。自分が幸せな事で10人、1000人が幸せになれることなら、更に善いです。他人を幸せにする事は、多少おせっかいでも構わないので、どんどんやりましょう。

悪人に話を戻します。10人を幸せにするために1000人を不幸にする人ががいて、その悪事を止めさせる事は、それで10人の幸せが無くなったとしても、1000人の不幸が無くなり、差し引き990人の不幸が無くなりますので、社会的に善い事です。その悪人にとっても、悪事は心理的に苦しいことですから、それ以上悪事を重ねることが無くなって、心理的には救われます。

 

原子力発電所を例として考えます。

原発で働く人は、放射能を浴びますので長く生きられません。10年も働いたら白血病になってしまいます。この不幸な人を、仮に10,000人とします。

原発で儲ける人もいます。現場に行かないで、安全に利益だけ受け取る人です。この幸せな人を、仮に100人とします。

100人を幸せにするために、10,000人を不幸にしていますので、止めればいい、とは単純にはいきません。電力を使う人がいます。この幸せな人を1,000,000人とします。

では善いことかといえば、そうでもないです。放射性廃棄物が出て、ものによっては何万年も何億年も残ります。未来の人を困らせ続けますので、不幸な人の数は、ほぼ無限大∞人です。

儲ける人が100人、亡くなる人が10,000人、使う人が1,000,000人、困る人が無限大∞人という、4層構造です。

four_layer_structure_of_nuclear_power_plant.png

全体では困る人がほとんどですので、止めるのが善い事になります。

止めるにはどうしたら善いかといえば、もっと善い発電方法に置き換えれば、使う人も困りませんので、ただ止めるより善い方法です。働いている人もそちらで働けば死にません。

水素エネルギーウェブに置き換えるのは、そういう意味で善い事です。質の悪い物を質の良い物に置き換えるのは、善い事だということです。

儲けている人は儲けられなくなって困りますが、人を殺して儲けてきた悪人たちです。孔子の言うとおり、そんな人まで善意を向ける必要は無く、理性をもって対応すればよいです。殺人罪で逮捕したいくらいですが、すんなり止めるなら、そこまでしなくてもいいとは思っています。

 

松浦彰夫 拝

人を集める方法とは

| トラックバック(0)

こんなタイトルでコラムを書くわけですが、私は人を集めるのが苦手です。

普通にしていれば、人に好かれるより嫌われる事が多い人間だと自覚しています。

幼稚園や小学校低学年の頃、人付き合いに関して何も考えていない頃は、あまり友人もできず孤立していました。

人付き合いに気を使うようになって友人もできましたが、「生まれつきの性格では人に嫌われる」というコンプレックスがずっと残っています。

そして、世の中には、「なにもしなくても人が集まってくるタイプの人がいる」らしいと、伝え聞いたので、そういう人になりたいと思うようになりました。ただし、どうやったらそういう人になれるかは、さっぱり分かりませんでした。

 

高校くらいから経済学的な考え方を知ったので、利益を生み出す人になれば、人から歓迎される人になるじゃないかと、考えました。生み出す利益より損失が少なければ、利益の方が多い。これは労働者や商売人としては良いですが、人集めには向かない方法でした。利益で釣る方法では、利益が無くなると続きません。大金が必要ですので、普通の人には無理ですが、大富豪ならできなくも無いです。

大学は経済学科まで行ったのですが、金だけでは人は幸せにならないのが分かりました。

人間を商品扱いしているのが良くないのだと、今では分かります。おそらく、テレビで美形タレントを並べて、だれが一番美人だ、だれがイケメンだと、見た目だけで人を選ぶという、そういう風潮が良くない。人は野菜じゃないんだから。野菜と同じで陳列されていると考えているから、金を出して手に入れればいいと考える。金を出す奴が偉いという、拝金主義に毒されています。私を含めて、最近の日本人が反省するべき所です。

 

利益以外で人を集める、もう一つの方法は、「こういう人になりたい」と思われることです。そうすれば「自分もそうなりたい」と思う人が集まってきます。下記を読んでみてください。

Q. 好きな人に告白する言葉を教えて (小6・女の子)
A. 永先生:言葉は一番大切です。でも、好きな人に「あ、この子好きだな」とか「いい人だな」と思われるには、「おなべをいっしょに食べて同じものをおいしいと思う」、「夕やけを見て、両方が美しいなと思う」というような同じ感動を同じ時点で受け止めるのが一番効果があります。
例えば、「いただきます」とか元気な声で言っていると、それだけで「あの子いただきますって言ってるな。きっといい子なんだろうな」と思うじゃないですか。「あなたがすき」ですとか、「キミを僕のものにしたい」とか、「世界のどこかで待ってる」とか、そういうのはあんまり効果がありません。
「きれいだな、おいしいな、うれしいな」ということが同時に感じあえる環境が一番大事。だから、「好きです、嫌いです」という言葉ではなく、いい言葉を使っている子は好きになれる。「あの人ならこの言葉は好きだろうな」と思った言葉を何気なく使っているときの方がドキンとします。「あなたが好きです」というのは最悪な言葉です。
だから、いっしょの環境にいるときに同じ感動をする場面に出来るだけいっしょにいる。スポーツの応援でもいいです。そうすると、使いあっている同じ言葉にドキンとすることがあって、それが愛なんです。
自分でいうのもおかしいけど、ひとりでご飯を食べてておいしいことないです。ひとりで野菜を食べているときは本当にさみしい。やっぱり家族、好きな人といっしょのほうがいい。二人っきり、まずはふたりになること。きれいな言葉を使いあうこと、きれいなことに感動すること、ふたりで声をそろえて感動してください。

放送タレント 永六輔 先生

全国こども電話相談室[その他]

考えてみれば、「あなたが好きです」という言葉は、「私が選ぶ立場。選んでやったから喜びなさい」という、上から目線で、失礼な言葉です。野菜と同じ扱いです。「私は別に好きじゃありません。さようなら」と返されても仕方ないでしょう。

それよりも、いっしょに居て同じ夕焼けを見て感動したり、美味しいものを食べたり、きれいな立ち居振る舞いをして、もっと一緒に居たいと思われる方が良い。

それには、やるべき時に、やるべき事をして、人から見て恥ずかしくない行動をすればいい。そうすれば、びくびくせずに、自信をもって堂々と行動することができます。

やるべき時に、やるべき事をしていないというのでしたら、それをするだけです。人から認められるには、実績を積み上げるしかありません。実績は誰にも否定できません。実績を積むために、いきなり大きなことをする必要はないです。行動には何でも下積みというものがあって、リスクの少ない、簡単なことから始めれば、だんだんと大きな効果のあることを出来るようになります。

 

松浦彰夫 拝

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02