アメリカ小2のプレゼン教育がすごい - 流水成道blog

| Main |

 

アメリカ小2のプレゼン教育がすごい

| トラックバック(0)

アメリカの小学2年生は、プレゼンテーションができるよう、教育されているようです。

アイコンタクトをする。序論と結論を伝える。メモをできるだけ見ないて暗記する。トピックについて説明する。日本人で同じ事ができる人がどれくらいいるか疑問です。質問に答える。ビジュアルなど発表方法を工夫する。

こういう格差を知ると、日本の教育は失敗していると感じます。

7歳でいきなり発表するのではなく、3歳くらいから週1回くらい、好きなおもちゃなどを大勢の前で発表しているそうです。また全て学校で指導するのではなく、家庭で親が指導する必要もあるようです。

日本でもお子さんがおられる方は、お子さんが何を考えているか話をさせてみると良いかもしれません。

私も3点以上取れるかどうか。プレゼンが上手くできるようになりたいです。

子供のアメリカ現地校2年生がはじまり、クラス担任より、毎週ひとつのテーマに沿ってプレゼンテーション(発表)の授業があると連絡が来ました。

テーマは、最近の時事問題、好きな詩、など様々ですが、年間を通して、毎週課題テーマに沿って、一人あたり2~3分の持ち時間でクラス全員の前でプレゼンテーションをします。

その評価基準が上の写真、見て驚きました。

点数は1~4点評価です。

1点:
* 準備ができていない

2点:
* 全てメモを見ながらの発表
* 聴いている人へのアイコンタクトなし
* 声が小さい
* 先生の手助けが必要
* 序論と結論がない

3点:
* 大きな声で発表ができた
* 聴いてる人へのアイコンタクトができた
* メモを見るのは時々
* 序論と結論がわかりやすく伝えられた

4点:
* 3点のチェック項目全部できた
* トピックについてしっかりした説明ができ、質問にも的確に答えられた
* 発表の方法に工夫が見られた(ビジュアルなど)
* 発表内容を暗記していた

要するに、3点以上取れてやっと合格、ということです。

小学2年生、アメリカは学校が早く始まるので、実質、日本の小学1年生へ要求される内容としては、驚愕!ではないでしょうか。

グローバル時代の次世代教育: アメリカの小学校、驚きのプレゼンテーション指導

Stuttering Presentation - YouTube

 

松浦彰夫 拝

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jyoudou.net/mt5/mt-tb.cgi/3169

| Main |

このブログ記事について

このページは、松浦彰夫が2011年9月25日 02:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子供たちの集団疎開かなわず」です。

次のブログ記事は「放射能予測SPEEDIのインデックス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02