第二章 勤勉な日本人と言う嘘 - 流水成道blog

| Main |

 

第二章 勤勉な日本人と言う嘘

| トラックバック(3)

忘年会で、伝えきれなかった事があります。

物事を好転させるには、正しい認識と、正しい行動の2つが必要です。

前回の記事では、世界大戦とそれによる苦難の未来を予測し、これは理解していただけました。認識を共有できたということです。

しかし、その認識に対して、行動を起こさせるまでには至りませんでした。どんな行動をするのも個人の自由意思ですが、協調して行動するなら、それなりの助言や利益を提示することができます。

3.11の東日本大地震の前に、G-Watcherとして放射線測定ネットワークを準備し、原発震災のドラマを作って警告を行いましたが、現実に原発震災が起こった時に行動できた人はほとんどいませんでした。

現実が変化した時、素早く行動するためには、事前の訓練が必要なのです。

 

日本のマスコミは事実と違う報道を行います。中でも日本人が勤勉だというのは大嘘です。

勤勉というのは勉強に勤めるという意味です。日本は学生も、大人も、一部 の例外を除いて自主的に勉強をしません。勤という文字は動物の骨を火で炙って粉々に砕いて、出し尽くすという意味です。勉という文字は分娩の娩に力を足した漢字です。女性が股を開いて力んで出産するように無理をして力んで絞り出すという意味です。暇な時間を使うとか、遊び感覚で 行うことを勤勉とは言いません。自主的に出産するぐらいの力を使い、動物の骨を火で炙って 粉々にするぐらいの行動を持って『勤勉』となります。日本の街を歩けば、大都市から田舎までパチンコやパチスロが駅前にあります。そこでは昼間から大勢の大人が博打をしています。場で朽ちるからバクチと言われるように、多くの人々が朽ちて行きます。

日本の大学生で自ら望んで24時間勉強のために使っている人は少数ですが、世界では自分からすすんで24時間勉強のために使うのが当たり前です。

日本の社会人は会社に入ったら勉強をしなくなりますが、世界では生涯学習が当たり前です。

ほとんどの日本人は勤勉な外国人と競争しても勝てないし、戦争を起こしたり、貧富の格差を拡大しようとしている政治家や役人にも勝てません。

では、どうすればいいでしょうか。

世阿弥は、自分の舞う姿を鳥の目線から見ることができたと言われています。離見の見です。

 ということは、天才は万物のあらゆる事象を直感的に知る能力を身につけていたとも言える。私の尊敬する天才数学者・岡潔さんの「情緒的知性」です。

 岡さんはこう言っています。物事を積み重ねていく論理的知性は、物事を分離していく。一方、情緒的知性は、いろいろな違う物事を強く結びつけていく。数学の理論にしても、物理の理論にしても、人間がつくりだすものは、情緒的な直観の部分が最初にあって、これが全体をつかみだしている、と。

 つまり、異なった多彩なものの中から、核心を見つけ出していく全能です。

 元々日本人の根本は、情。欧米的な知は不得手なので、欧米的理性主義に囚われ過ぎると全体像を見失ってしまう。岡さんは、数十年前にそんなことを危惧していたのです。

優しい天才の時代がやってくる:日経ビジネスオンライン

優しい天才という人々がいます。

自分のことだけを考えると孤立しますので、現実の変化の中に置き去りにされます。

他人に対する責任を考えると他人とつながりますので、変化に付いて行くことができます。

そして他人を助ける人を助ければ、その人が別の人を助け、そのまた次の人が助けるというように、協力関係が広がって行きますので、最初の人のためにもなります。

「情けは人のためならず」です。

 

松浦彰夫 拝

 

次回、第3章 世界の天才が集まる学園都市

トラックバック(3)

トラックバックURL: http://jyoudou.net/mt5/mt-tb.cgi/3227

2013年の年末は、コミックマーケットの出展しましたが、その前日に忘年会を行いました。この忘年会での出来事を出発点にして、全五章に渡って、今年の予測や方... 続きを読む

日本人は勤勉だというのは嘘でした。 つまり、日本は教育に失敗したということです。 周囲の人や有名な人、活躍している日本人を思い浮かべてみてください。公共... 続きを読む

流水成道blog - 流水成道 続きを読む

| Main |

このブログ記事について

このページは、松浦彰夫が2014年1月26日 09:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第一章 ダボス会議の安倍首相の日中戦争直前発言を預言」です。

次のブログ記事は「第三章 世界の天才が集まる学園都市」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02