第三章 世界の天才が集まる学園都市 - 流水成道blog

| Main |

 

第三章 世界の天才が集まる学園都市

| トラックバック(1)

日本人は勤勉だというのは嘘でした。

つまり、日本は教育に失敗したということです。

周囲の人や有名な人、活躍している日本人を思い浮かべてみてください。公共の教育に頼らず、自分で自分を鍛えてきた人ばかりだと思いませんか。学校で役に立つ教育を行わない。学校で教育を受ければ受けるほど馬鹿になりますので、自分でなんとかするしかないのです。

なぜ、アジア人は欧米人よりもIQ値が高いのに、欧米の文明に淘汰されてしまったのでしょうか。

IMG_2275_thumb%255B3%255D.gif

実は、アジア人のIQが高い。というのは、平均を取った値での比較です。分布で考えると、アジア人は分布が狭く、105あたりで突出しています。

対する欧米人は、IQが140~60とかなり広く分布しています。

しかし、高知能帯(IQ 120~140)になると、欧米人はアジア人を凌駕します。

IMG_2275_thumb%255B8%255D.gif

ここに欧米人の創造性の高さの理由があると思います。社会を引っ張るのは少数の賢い人々で十分なわけです。

欧米は、この少数の高IQの人々によって発展し、今日の現代文明を築き上げたのでしょう。

平均ではIQの高いアジア人ですが、高IQの人の割合は欧米人に比べてかなり低い訳ですね。欧米人はIQの低い人もおいが、高い人はめちゃくちゃ高いって事です。

アジア人は欧米人よりIQが高いのに、なぜ文明が遅れているのか | あれれんの気まぐれブログ

勉強によく似た言葉に、学習というものがあります。学ぶと習うですが、学ぶは真似るであり、習う(ならう)は倣う(ならう、模倣)です。集団において、最も優れた人間を真似たり、倣ったりすることを学習と言います。更に教育はエデュケーションですが、これはeduce、つまり、本来、個々の人々が備わっている能力を引き出すが語源です。勉強は強く力を入れて分娩することですから、自発的に引き出すのに対して、教育は教育者が引き出すとなります。また、優れた人間がいるならそれを真似るのが学習です。

日本という国家は、基軸が大和です。大和は「大いなる倭」です。つまり、ローマ共和国がローマ市から生まれました。これが倭(和国、倭州)です。時代を経てローマ市がイタリア半島を制圧します。これが大和(巨大化した和)国です。隼人や蝦夷、琉球などを併せて日本国となります。倭は倭の五王の時代から大陸に使節を送りました。遣隋使、遣唐使などです。彼らは大陸の優れた技術や思想を勉強し、学習し、日本に帰国して、教育します。中国人の鑑真和尚のように優れた渡来人が日本にやってきました。また、島では生物は特殊な発展をします。島では大陸の個体群または近縁種に比べ、小型動物では体サイズが増加し(巨大化:Gigantism)、大型動物では体サイズが減少する(矮小化:Dwarfism)ことが知られています。日本人は平均すれば他のアジア諸国に比べて大型であり、知能指数が高い(IQ105)です。然しながら、大陸では際立って巨大化した種(IQ120)がいます。大和朝廷はこの現象を知っていたのか、人材の育成で特殊な方法を取ります。西漢(かわちのあや)と東漢(やまとのあや)という渡来人の活用法です。日本列島全土からエリートを畿内に集め、渡来人と都市生活をさせます。少なくとも学習(真似る、倣う)が可能となり、競争心から勤勉(勉強に勤める)ます。更に年を経れば優れた教育者となり、教育を行う事が可能となります。このシステム構造が完全に破綻したのが明治維新です。日清戦争や日露戦争の将軍は江戸時代の教育を受けた人々に対して、勝てなかった日中戦争や太平洋戦争は明治や大正の教育を受けた人々です。

この日本の伝統的な教育法を復活させるのが、日本再生の方法です。PM2.5で吸う空気が無い中国、国が無くなる心配があるイスラエル、他にも内戦があったり治安が悪い国などで、日本に移住したい人は大勢います。その中でIQ120以上の学生を選抜して、新しい学校に留学させます。また、放射能の蓄積で日本でも子供の移住の要望は増えています。その上位5%を選抜して新しい学校に疎開させます。20人に1人になればいいですから、学校で1番になれなくてもクラスで2番になれば良いことになります。それくらいなら必死で勉強すればなれます。学校の場所は、放射能やPM2.5の影響が少ない場所になるでしょう。

資金は企業に出資してもらい、理事になってもらいます。任天堂が3期連続赤字ですが、日本も3年連続貿易赤字です。iPhoneは数百の言語で使用できますが、任天堂のゲーム機は多言語化ができていません。世界で勝てないのも当たり前です。任天堂などの企業が学校の理事になれば、IQ120以上の留学生に翻訳作業を頼む事が出来ます。学生にとっても祖国に帰った時に、現地代理店の仕事ができますので有利です。また、学校用端末を作れば、モニターやプログラマーのアルバイトとして学生を使えます。学生にとっても技術や交渉力が身に付いてお得です。日本の政治家が低レベルなのは、学校の生徒会が弱いからです。政治家育成のため、生徒会に権限を集中し、企業や行政との窓口になってもらいます。生徒会にはEVを公用車として許可します。

学園都市は、留学生として人口が増え、知識レベルも上がって行きますので、周辺地域は経済成長していきます。

これがヤマト学園都市構想です。

 

松浦彰夫 拝

 

次回、第四章 アベノミクスの正体、石油バブルや単純労働者の移民など

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://jyoudou.net/mt5/mt-tb.cgi/3228

忘年会で、伝えきれなかった事があります。 物事を好転させるには、正しい認識と、正しい行動の2つが必要です。 前回の記事では、世界大戦とそれによる苦難の未... 続きを読む

| Main |

このブログ記事について

このページは、松浦彰夫が2014年1月28日 08:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第二章 勤勉な日本人と言う嘘」です。

次のブログ記事は「第四章 アベノミクスの正体、石油バブルや単純労働者の移民など」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02