第五章 背水の陣と四面楚歌 - 流水成道blog

| Main |

 

第五章 背水の陣と四面楚歌

| トラックバック(2)

困窮する女性達

前回説明しましたアベノミクスの影響もあり、10代、20代の若い女性の貧困化が深刻になっています。若い単身女性の3分の1が年収114万円未満の貧困層です。

photo3458-1.jpg

大阪市内の繁華街にある風俗店の応募ポスターに「寮あり、食事付き。保育施設完備」と書かれている。10代、20代の若い女性の貧困化が進んでいる。アベノミクスの成長戦略では女性が輝くことがうたわれているが、なぜ若い女性の貧困が加速しているのか。キャスターの国谷裕子は「若い女性の多くは正規雇用で働くことを希望しています。しかし、現実は若い単身女性3分の1、110万人が年収114万円未満の貧困層と見られます。この背景には、若い女性は結婚すれば家庭に入るという考え方が、世間にも本人にも色濃く残り、若い女性たちの貧困問題を見えにくくしています」と語った。

3つの仕事掛け持ちしても月に10万円

埼玉県在住の鷲見千寿枝さん(19)は時給が高めの朝5時半からと深夜にコンビニエンスストアでアルバイトをしているが、それでも月収は5万円前後だ。「母親は体調を崩して寝たきり状態なんです。毎月1万円を母に渡していますが、この生活から抜け出したいです。夜間の保育士養成の学校に入ることに決めたけど、入学金が5万円、毎月の授業料が8万円。奨学金に応募したが、将来どうなるかわかりません」と不安でいっぱいだ。

国谷「かつては、10代から20代の正規雇用で働く女性の割合は過半数を占めていました。しかし、現在は非正規雇用で働く若い女性の割合は57.5%と男性の2倍以上だといわれています」

青森県から上京した19歳の女性は、朝10時からファミリーレストランで働く。午後はピザ屋のバイト、夜は深夜までスナック勤めだ。「きょうもいっぱい働いた気がするんだけど、それでもバイト代は月に10万円前後です」とうつむく。「いずれ結婚して子供を産むという考えはありますか」と聞かれ、「私1人だけでもこういう状態。とても想像できません」と声を落とす。

10代、20代女性「貧困」深刻!大半が非正規雇用。単身者の3人に1人が年収114万円以下 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ

ロシア革命も女性達の「パンをよこせ」デモが始まりでした。女性の怒りが我慢の限界を超えた時、日本は変わります。彼女達に優しくできる人が次の時代の指導者です。

今、我々は政治団体の設立の準備をしています。今春に設立予定です。

このような女性達の意見を反映させた政治を行いたいと考えています。我々になんとかして欲しいとお考えの方は、ご意見とご参加とご協力をお願いいたします。

 

3種類の強者とそれ以外の人々

政治家や有名人など、支援者が多い人は武人であり、人を動かし、人を集めることで影響力を発揮することができます。

学者、芸術家、職人など、特定の分野の専門家は知識人であり、技術で人の役に立つことができます。

事業を持ち、収入や財産が豊富な人は富裕者であり、投資としてお金を出す事で役に立つ事ができます。

それぞれ全体の1%ずつ存在するとして、合わせて3%しか存在しません。それ以外の97%は影響力の少ない弱い人々です。

貴方がそのような弱い普通の人だとして、強力で恐ろしい敵とどう戦えば良いでしょうか。前回の記事で、百姓一揆は正規軍に勝てないという話をいたしました。

まともに戦っても負けるのが分かっているなら、負けても構わない部隊を担当すれば良いのです。負けても構わない部隊として、陽動部隊があります。

 

背水の陣

漢の大提督の韓信は、井陘(せいけい)の戦いで、陽動をうまく使い、寄せ集めで訓練もできていない弱兵で何倍もの趙を撃破しました。その戦術は、背水の陣と調虎離山と呼ばれます。

battle_for_seikei.gif

川を渡り、騎馬隊は別働隊として、山を迂回します。本隊は陽動として敵をおびき出し、わざと負けて、川まで誘い出します。勝ったと思った敵は、全軍で本隊を追撃します。本隊は、川が背後で回り込まれる心配が無く、逃げ道が無いので、寄せ集めの弱兵でしたが、必死で耐え続けます。

別働隊は手薄になった砦を陥落させ、旗を大量に立てます。大軍によって砦が陥落したと思い、パニックになった敵は戦意を喪失して逃亡しましたので、追撃しても反撃されませんでした。

川を背後にした陽動部隊が背水の陣です。敵を本拠地から誘い出し、味方に有利な地形で戦うようにすることが調虎離山です。

陽動部隊はわざと弱く見せるのが重要ですので、弱者の方が有利です。

これを現実に当てはめて具体的にどういうことかと申しますと、政治団体でイベントを行いますので、普通に参加していただくだけでかまいません。弱者は数が多いことが長所です。イベントに多数の人が集まれば注目されます。注目されれば陽動として、マスコミや有力者なども集まります。彼らを我々に有利な場所に誘い出していますので、別働隊の精鋭部隊が撃破します。

ただイベント会場にいれば良く、難しいことをする必要はありませんので、負担は最小限です。

 

四面楚歌

別の弱兵の戦い方として、四面楚歌があります。

simen.gif

紀元前202年、60万もの兵で迎え撃つ劉邦軍の指揮をとる韓信は、項羽軍10万を四方を山々で囲まれた土地におびき寄せ、60万の兵で囲むことに成功する。数的有利ではあったが、磐石の勝利を収めるため、劉邦の腹心張良が秘策を立てた。「四面楚歌」の楚歌にあたる部分がその秘策で、巧妙な心理作戦であった。その夜、60万の劉邦軍が項羽軍の故郷楚の歌を歌い始めた。その歌は大合唱となり垓下の平原に響き渡り項羽軍は戦意喪失したとされる。

中国英雄編に登場する「故事成語」

一騎当千の剛勇と精鋭部隊10万を率いて無敵の強さを誇った項羽ですが、情深い一方、嫉妬心、猜疑心が強く狭量で、部下への恩賞を怠ったために、人使いのうまい劉邦が項羽側の諸候を切り崩して形勢を逆転させました。食料不足と連戦の疲労の果て、ついに垓下の戦いで劉邦の大軍に敗れて山中に篭城します。

夜に四方から祖国である楚の歌が聴こえてきます。楚の軍として戦ってきたはずなのに、楚の人も今では自軍に入らずに敵軍に入っている。天下の敵となった項羽軍からは逃亡者が続出します。項羽は敵中を突破して逃亡しますが、祖国に戻っても人々に合わせる顔が無いということで、自ら首をはねて絶命します。

これも現実に当てはめて具体的にどういうことかと申しますと、イベントに参加して見聞きした事や、機関誌のメルマガで知った事を、Line、Twitter、Facebook、ブログなどで広報していただくだけです。声が大きくし、同じ歌を歌っていただければ、四面楚歌の大合唱になります。声を出すだけで、直接戦うことはありませんので、危険や負担は最小限です。

こちらのリンクに政治団体の説明とメールフォームがあります。我々の政治団体に興味を持たれた方は、ご気軽にお問い合わせください。→よくいただくご質問と回答 - 陸戦隊

 

松浦彰夫 拝

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://jyoudou.net/mt5/mt-tb.cgi/3230

安倍政権の政策、アベノミクスには3本の矢というものがあります。 (1)大胆な金融政策、(2)機動的な財政政策、(3)民間投資を喚起する成長戦略の3つです... 続きを読む

流水成道blog - 流水成道 続きを読む

| Main |

このブログ記事について

このページは、松浦彰夫が2014年2月 1日 09:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第四章 アベノミクスの正体、石油バブルや単純労働者の移民など」です。

次のブログ記事は「大雪による停電と対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02