流水成道blog: 農業アーカイブ

農業のブログ記事 1 / 1

ゲームでもF1品種

| トラックバック(0)

 最近、mixiアプリという、ソーシャルネットワークのmixiでするミニゲームがあって、農園とか牧場のやつをやってみました。

 

 

農園なら、種購入→種まき→生長→作物が実る→収穫→出荷

牧場なら、子動物購入→放牧→成長→大人になる→子動物を産む→子動物を回収→出荷

となります。

気になるのは、最初の種や子動物購入は仕方ないとしても、収穫した植物から種取りや、子動物を育てることが出来ないということですね。ゲームもF1品種だから、育てた作物から種を取れないということですかね。こんな所でも慣らされていく・・・

F1品種は一代限りの種

いいとこどりのF1品種ですが、問題点があります。
F1品種は一代限りでおしまいです。F1品種から種を採ろうとしても採れません。例え採って植えたとしても、同じ作物は出てこないのです。
雑種強勢という現象があるそうで、一代目は親の優秀な部分のみ受け継ぎますが、二代目以降となると今度は親の悪い部分が多く出てくるようになるそうです。
それと企業利益が優先されますので、1度作ると2度と作れないように、種が出ない品種も掛け合わします。
「毎年うちの会社の種を買いなさい」というシステムです。
実権は企業が握りますから、価格も企業のいいなりです。供給さえ制限されるかもしれません。企業は非常に儲かる。影の支配者ですね。国の戦略物質にもなります。

F1品種

 あとは、出荷の値段が固定されているのも、あんまり良くないですね。需要によって値段が変動することも生産の難しい所です。豊作になったら、値段が下がって結局損したり。

ゲームだから単純化しているのでしょうが、いろいろ気になってしまいました。

あと、個人情報の流出には注意。

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)向けゲーム「サンシャイン牧場」でクレジットカードを用いて「Kコイン」を購入したユーザー約4200人分の電話番号とメールアドレスが、10月21日から23日までの3日間、第三者からアクセスできる状態にあったことがわかった。

asahi.com(朝日新聞社):[CNET Japan] mixiアプリ「サンシャイン牧場」、課金ユーザーの個人情報が閲覧可能な状態に - CNETジャパン ニュース(提供:朝日インタラクティブ) - デジタル

 

松浦彰夫 拝

スーパーサイズ・ミーという映画ですが、1カ月マクドナルドを食べて生活したらどうなるか、というドキュメンタリーです。スーパーサイズというのはマクドナルドにあったハンバーガー等の大きさですが、この映画を公開後すぐに廃止になったとか。

2週間くらいで体に異常が出始めて苦しそうにしています。終了後、ベジタリアンの彼女の治療食により回復したそうです。毒抜きと言っていましたから、玄米食とかのデトックスだと思います。

 これを見て思い出したのは、この本、迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか: シャロン モアレム, ジョナサン プリンス, Sharon Moalem, Jonathan Prince, 矢野 真千子 です。

親、特に妊娠初期の母親の食習慣が、生まれてくる子どもの太りやすさに影響する、という話が書いてあります。

肥満遺伝子を持つ妊娠マウスにビタミンサプリメントを食べさせると痩せた子マウスが誕生した。成分の一部がアグーチという肥満遺伝子に結合し、スイッチを「オフ」にして「発言」させなかった。この遺伝子の発現抑制を「メチル化」というそうです。メチル基という化合物が遺伝子に結合することでDNA配列を変えずに遺伝子の発現作用をオフにする。アグーチ遺伝子をオフにされたマウスは、親よりも癌や糖尿病を発症する割合が大幅に低かった。このようなことを調べる学問をエピジェネティックス(後成遺伝学)という。

エピジェネティックスが小児肥満の大流行に部分的に関与している理由をここで説明しておこう。アメリカ人の多くが食べているいわゆるジャンクフードは、高カロリー高脂肪でありながら、栄養分、特に胚の発生時に重要な栄養分がほとんど入っていない。妊娠1週目の妊婦が典型的なジャンクフード中心の食事をしていれば、胚は、これから生まれでる外の世界は食料事情が悪いという信号を受け取る。こうしたエピジェネティックな影響を複合的に受けて、さまざまな遺伝子がスイッチをオンにしたりオフにしたりしながら、少ない食料で生き延びられる体の小さな赤ん坊を作る。

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか: シャロン モアレム, ジョナサン プリンス, Sharon Moalem, Jonathan Prince, 矢野 真千子 第7章 親がジャンクフード好きだと子どもが太る P196

親の食習慣が子供に影響するということですね。ジャンクフードはカロリーだけはあるけど、重要な栄養分がない。肥満や糖尿病になりやすい体になる。

また、子供の給食にジャンクフードを含まないようにする運動、というのが出ていました。アメリカでは給食もジャンクフードだそうです。同じ値段で自然食の給食を出している給食会社の紹介もありました。親の意識が高まれば、日本でも自然食の給食が増えるかもしれません。

松浦彰夫 拝

私の提案

| トラックバック(1)
先日「奇跡のリンゴ」という本について書いたばかりなのだが、今日ひらめいた事があるのでここに記述することにした。木村さんとNHKが同意すれば、この本の内容をアニメ化またはドラマ化するべきだと思う。安全な食物に対する関心は世界的なものなので、日本語版ばかりでなく、英語版も制作して自然農法でのリンゴ栽培の教科書としても使用できるようにするべきだ。この本には動物や害虫との共生についても書いてある。このプロジェクトを通して今の殺伐とした世の中に対してささやかな抵抗を試みるのも悪くはないものだ。これは日本のソフトパワーを発揮する良い機会だと思う。このアニメまたはドラマが当たれば、その利益は木村さんに後輩の指導にあたる時間をもたらすことができるのではないだろうか?
石川拓治著、NHK「プロフェショナル 仕事の流儀」制作班監修、幻冬舎出版の「奇跡のリンゴ」を読んでみた。この本は2006年12月7日に放送されたNHKのテレビ番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」が元になって出版されることになったのだそうだ。この番組が放送されると全国からメールや手紙が舞い込んだそうでNHKの担当者は嬉しい悲鳴をあげたことだろう。私も一度は木村のリンゴを食べてみたいという希望を持っているが、これだけは縁がないと難しいであろう。

石川拓治の文章力にもよるのだがこの本はとても面白くて一気呵成に読んでしまった。ところどころ涙を流しながら読んだ。内容は木村秋則という青森県のリンゴ農家の子供時代から現在までのエピソードを綴ったものだ。無農薬でリンゴを栽培すると決めた木村の頑固さもさることながら、その頑固さに付き合いながら長年貧困に耐えぬいた家族の我慢強さに頭が下がる。最後には無農薬どころか無肥料のリンゴを栽培することに成功してしまったのである。木村の情熱にはしっかりと感動しながらも一歩間違えば家族もろとも奈落の底に落ちかねない生き方にちょっと不安を感じた。一見平凡に見えるマイホーム・パパというのも家族にとってはありがたい存在なのかも知れないと思った。

本屋で偶然に故福岡正信の自然農法の本と出会ったことにより木村のその後の人生がすっかり変わってしまった。私も10年程前に福岡正信とネットサーフィング中に偶然に出会って「わら一本の革命」を読み、深い感銘を受けたことがあるだけにやっぱりねと思った。福岡正信が書いた数冊の本の内の一冊は「THE ONE-STRAW REVOLUTION」というタイトルで英語にも翻訳されている。聞く所によると、英語版は日本語版よりもさらに面白いそうだ。私が今食べている無農薬、無化学肥料で栽培されたカリフォルニア米の農家もおそらく福岡正信の影響を強く受けていることだろう。

いささか福岡正信の説明が長くなってしまったが、木村も日本だけではなく海外でも講演をしているようなので、長生きをすればさらに世界的に有名になるだろう。未来の農業はこういう方向に進んで欲しいと切に願っている。(敬称略)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち農業カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは軍事です。

次のカテゴリは運動です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02