流水成道blog: 船アーカイブ

のブログ記事 1 / 1

船から金冠日食の写真撮影

| トラックバック(5)

5月21日の水素船ブルーノア号による金冠日食中継では、私の担当は別の船からの写真撮影でした。

GoldenRing.jpg

写真の被写体は、金冠日食そのものの撮影と、外から見た水素船ブルーノアです。

私が写真撮影の担当になったのは、スタッフでは一番良いカメラとレンズを持っているというのと、ブルーノアのフォトブックを作るくらい写真を撮ってきたからだと思います。

 

まず、日食の撮影について、説明いたします。

太陽は明るすぎるので、ND100000という明るさを10万分の1にするフィルターを使います。

太陽は写真の被写体としてはかなり小さいですので、きれいに撮影するためには、望遠鏡か望遠レンズが必要です。

船の上からの撮影で揺れるため、三脚で固定する望遠鏡ではなく、手ブレ補正のある望遠レンズを使い、手持ちで撮影しました。

望遠レンズは、焦点距離400mmのものです。500mmとどちらにするか迷いましたが、500mmは少し暗かったので、400mmにしました。

シャッタスピードは、カメラの最大の4000分の1秒にし、ブレをできるだけ減らしました。

絞りは、調査の結果、F8より絞れば鮮明になるということでした。試しに普通の太陽を撮影して、F9、F10だと暗すぎることと、F8で黒点までしっかり写ることを確かめ、F8にしました。

感度、ISOは、これは雲や日食の進行で明るさが変わるので、状況に合わせて変更することにしました。オートモードで撮影した場合、明るすぎて白飛びしましたので、オートモードと比較して暗めにしました。

オートフォーカスはオフにして、マニュアルフォーカス、つまり手でピントを合わせるようにしました。オートフォーカスだと雲がある場合、雲にピントが合ってしまいます。太陽の距離は変わりませんので、ピントを変更する必要はありません。太陽は遠いので最も遠いピント距離にしたら良さそうですが、多少遊びを作ってあるのか、ピント距離を最大にしたら少しボケましたので、ピントが合う場所を覚えて、それに合わせるようにしました。

 

伴走船からのブルーノアの撮影について、説明いたします。

bluenoah20120521_1921.jpg

船の撮影時は、太陽撮影の減光フィルターを外さないといけません。

レンズは、距離に応じて、望遠レンズと広角レンズを使い分けました。

撮影モードは、マニュアルは日食に合わせていましたので、別のモードのシャッタースピード指定や絞り指定などを適当に使いました。

ブルーノアに乗っている人物の撮影をするため、伴走船を近づけてもらうこともありました。

 

撮った写真をすぐにtwitter等に使ってもらうために、写真の受け渡しについても準備しました。

当初は、無線LANをローカルネットワークにして、ファイル共有を予定していました。しかし、LTEルーターによるインターネット接続とローカルネットワーク接続を同時にできない事、通信が不安定な事を考慮してファイル共有は止めました。そのかわり、2枚メモリカードを交互に使い、1枚は撮影、もう1枚はtwitterの担当に渡してカードリーダーでノートパソコンに読み込んでもらうことにしました。

写真のサイズは、当初は大きいサイズだけの予定でしたが、縮小に時間がかかるので、twitter用の小さいサイズと、フォトブック用の大きいサイズを切り替えて撮影することにしました。

これらの準備と訓練に、実地で5日くらいを使いました。

 

当日は朝3時起きでした。3時すぎに、車で送り迎えした時は雨が降っていましたが、4時か5時くらいには雨が上がりました。

それから多少は雲がありましたが、7時30分の最大食時刻には、ちょうど太陽が雲の切れ間に入り、雲に邪魔されない写真を撮る事ができました。

ほぼ日本全国で曇りのところ、私たちは雲がかかっていない写真を撮れましたので、非常に運が良かったです。

金冠日食の写真集、フォトブックを、8月のコミックマーケット等で発売する予定です。コミックマーケットに受かっているか分からないので、決まりましたらまた連絡いたします。

 

松浦彰夫 拝

2012年5月5日に、iPad2で船を遠隔操縦するというイベントをします。

PR動画を作ってニコニコ動画に投稿しました。コメントして頂けるとありがたいです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17635951

動画は、子供向けのイベントということで、ポケモン風にしました。

操作する感じがポケモンと似ているので、大きめのポケモンだと思ってください。

naminori.gif

 

AR(拡張現実、Augmented Reality)というのは何かというと、見えにくいものを見えるようにしたり、難しいものを簡単に使えるものにしたりすることです。

ポケモンなどのゲームをしていると、敵の強さが数字で表示されるのですが、現実にだれかを見てもそういうものは表示されないですよね。

武術の達人なら、一目見ただけで人の強さがわかりますが、普通の人はできない。

達人にしかできないことを、普通の人にもできるようにしたのが、ARです。

IMG_1212.jpg

 

AR操船でも、iPad2の画面にカメラ映像や、どちらに曲がっているかなどが表示されます。

船の向きを変えるのも、大きな操舵輪を回したりして体力を使うのですが、AR操船ではタッチパネルを指先で操作するだけです。

無線の強力なものを使っていて、電波が100メートル以上届くので、今回は船に乗らずに海岸から操縦するようにします。(船には、船舶免許の保持者が乗っていて、危ないときには止めます)

お子さんの参加者にも、操縦していただけます。

AR操船模式図.png

 

こちらでも案内してます。
http://bluenoah.info/blog/2012/04/ar.html

日程:2012年5月5日(土) (雨天の場合は5月6日(日)に行います)
場所:大阪湾周辺
参加費:無料
申込〆切:2012年4月30日(月)

参加希望の方はこちら(murakami.m21@gmail.com)まで、ご連絡お願い致します。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自然です。

次のカテゴリは軍事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Podcast購読

iTunesのPodcastメニューの画面にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、番組を登録できます。



メルマガ購読

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Powered by Movable Type 5.02